佐賀県しろあり対策協会
▶シロアリについて
▶被害の実例
▶業者選びと保証
▶活動紹介
▶佐賀県の会員業者
▶
公益社団法人 日本しろあり対策協会
被害の実例
シロアリ被害の実例をご紹介いたします。
シロアリがベタ基礎に侵入?

近年、建築技術の進歩により基礎部分はコンクリートでしっかりと造られるようになり耐震性がかなり高くなっております。一般的には「ベタ基礎」と言われる頑丈な基礎ゆえシロアリに対しての防御性能も高くなっているように思われていますが、実は頑丈なベタ基礎にもシロアリは侵入してくることが確認されています。写真は築3年目の一般住宅ですが、地面に接した部分もコンクリートで覆われています。しかしシロアリが基礎コンクリート内に侵入し被害に及んでいました。

発砲ウレタンなどの基礎断熱素材も食べられる

快適な住まいづくりには欠かせない断熱素材ですが、最近は発泡ウレタンを使用して住宅の基礎部分から断熱する「基礎断熱」が多く用いられるようになりました。石油製品である発泡ウレタンは一般的に「シロアリは食べない」と思われていますが実際はシロアリの侵入により被害が報告されています。木材より柔らかく、保温・保湿性が高い発泡ウレタンは、人間にとって快適な住環境をもたらすと同時に「シロアリにとっての快適な住環境」も作ってしまいます。

基礎パッキンはシロアリに対して「効果無し」

シロアリ対策の一つとして建築業界推奨されていた基礎パッキンですが、現時点では効果が疑問視されるようになりました。これはシロアリの生態が理解されていない事が原因だと考えられています。人間が快適な環境を求めて技術を進化させていくように、シロアリも生きていくための進化を続けています。私たちはシロアリ駆除のプロとして日々進化するシロアリを調査・研究し、お客様にご満足いただける駆除・防蟻の技術を開発しています。

天井裏まで被害が及びます

一般的にシロアリは床下の湿った部分のみを食い荒らし家の基礎部分だけが被害に遭うと考えられていますがそうではありません。床下から進入したシロアリは床下部分を食い荒らした後は天井部分に移動して天井裏を食い荒らす事があります。つまり、天井裏までシロアリが及んでいる場合はかなり被害が進行した状態だということです。この場合、住宅そのものの強度が落ちていますのでシロアリ駆除に加え住宅補強の工事も必要になります。福岡西方沖地震では、倒壊した家屋の多くがシロアリによる被害を受けていたことも確認されています。大切な我が家を守る意味でも早めの調査と対策をお薦めいたします。

Ⓒ佐賀県しろあり対策協会 All Rights Reserved.